関西学院初等部「学校説明会」教室にて2015年11月4日

本日、関西学院初等部の福田校長先生を教室にお招きして「学校説明会」を行いました。
前半は関学の歴史(1889年、王子公園「原田の森」で生徒19名、先生5名からスタート)や校章「三日月マーク」の意味、関学が大事にされている3つの事(Mastery for Service)などいろいろなお話をしていただきました。

後半は、先日行われた「体育祭」の様子や、6年生の「カナダ・コミュニケーション・ツアー」での様子、ホストファミリーとの密度の濃い体験なども映像を通して紹介して頂きました。また、英検を5・6年生全員が受けることや、最近よく耳にする「グローバル」については「関学は125年前からすでに辞書を片手に原書を読み、就職は世界に向かっていました」とおっしゃる通り、こだわりの英語教育を実践されているそうです。

AERA English 特別号「どっちの私立SHOW!東西私学のこだわりの英語教育をお見せします。東の伝統校、青山学院初等部。西の新興校、関西学院初等部」と題して、関学初等部が記事に取り上げられていることを紹介していただきました。
その本を校長先生から頂戴し、教室に置いております。また、ご一読下さい。

IMG_1590

 

IMG_1591

お話の中で印象に残った言葉
「何故学校に来るの?」と子供に尋ねると、「会いたい友がいて、受けたい授業があるから。」